忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

学園祭のライオンハート

最終回を迎えました。

ガチボコれ!の殴り合い。
こうなって来ると、赤竜帝も運命だったと?
リアス部長の色であるからと。

立ったまま気絶してる・・・そんな決着か。
ホントに部長は何もしないのな。

悪魔としての昇格。
逆に没落するのもある。。
そして告白へ。と。物語の決着ってことで良い?

まだ続きそうな終わりにしたけども。。
PR

赤龍帝 対 獅子王

キングを落とせと。
三人がかりだが。

片腕が落とせただけで大きいか。
これで回復は使わせたのが。

クイーンをアッサリとリタイアさせようとは。
ただ自分が戦いたいだけやん?

最強武装の実体化。
部長が頼りにならなすぎだろ・・・
ただの邪魔者やん。乳首押させるだけの存在だ。

怒りに呑まれて、闇の眼になったとき。
おっぱいドラゴンの覚醒になるのだと。
やっぱり乳首じゃないですかー。

リアス・グレモリーの眷属として

戦いが始まって。
順当な試合運びというか。。

そこでおっぱいドラゴンの扱いよ。
vsストリップショーよ。
本当にただストリップしてただけやん。しかも理解の乏しい。。

ギャスパーの頑張り。
それに感化されて、キングを削りに行くかー。
何せよ2回は倒さないとダメなわけだし。

若手最強決定戦、開始です!

自分を好きである可能性を考えていなかったのか。
そこには恐れがあり、、序盤でそれがあったからこそ?

こんなハーレム作っておいて、何を今更とは思うがね。

大会の開始へ。
注目されまくりやな。

死ぬ可能性はあるが、そのうえで2回倒す必要か。

乙女心は複雑です

誰だっけ、このドリル姫。

ビショップの使い所か。
アドバイスにはなったようだけど。

記者会見までして。
おっぱいドラゴンに集まる質問てな。
もうちょっと話を聞いてやっても。

部長呼びはアカンと、まだ分からないか。複雑でもないぞ。

どんな女子も守るって宣言。
そういうところやで。。

学園祭の準備です!

小さい子の前でおっぱいおっぱい言うなや。。
ヒーロー人気はあるだろうけど。

部長呼びの問題。
パートナーとして認めろと?

何か話が飛び飛びだなぁ。。

修学旅行はパンデモニウム

部長を召喚して。
やることと言えば、スイッチか。

ポチッとで、一発昇天。
そして可能性の獣が解放されたと?
圧倒的パワーだったけど、倒しきれてないなー。

助けがなかったらダメだったかと。
その分は更に強くならないと。か。

修学旅行編はここまでか。

可能性が解き放たれます!

救われたから力を貸していた。
それは自分もだからしょうがなし。

バランスブレイカーのバーゲンセール。
自分で言うのか。

殺されるような目的はないのな。
時間稼ぎだけの。

そして、おっぱいドラゴンが呼ぶもの。
こんなに多くの思念の塊・・・
呼びつけちゃったよ。主人を。

決戦!グレモリー眷属vs英雄派in京都

vs人間たち。なのか?
力試しってことでもなかろうが。。

手を出すなとはどんな黒幕なのか。
とりあえず敵対組織が出てきたってことでいいのか?

英雄さまご一行です

普通に京都観光。
うん。普通だ。。

相変わらず、おっぱい波動は出歩いてるようだが。

狐側との話がついて。
母親探しは協力しないわけないな。

押入れでのトリプルセックス。
貞操がまだ守られる不思議・・・

ついに敵が現れたな!

修学旅行、いきなり襲撃です

修学旅行なんだから忘れて遊べばいいのに。
内なる自分と語る?歴代の使い手か。

解放されたのは、おっぱい・・・同質かよ。

神社での襲撃。
事情も分からずで、これが本編になるのか?

ドレスブレイクってのもあったなー。

そうさ、京都に行こう

ここから1話。
修学旅行編。学年違いメンバーはお別れか。

軽く手合わせ。とは。

せっかく男同士の殴り合いだったのに。
おっぱいドラゴンを出されちゃさぁ。。

修学旅行編だから部長がキービジュにいなかったんだな。

体育館裏のホーリー

新番組。第4期。

アーシアが消失し?
怒りのままに暴れだし。。
前期ラストから、こんな展開が残ってたと?

おっぱいドラゴンの歌。
何だ・・・どうした。この展開。
立派なおっぱいドラゴンと言われましてもだな。

アーシアが戻ってきたことは副産物じゃん。

次回が1話ってことは、今回は0話だったのな。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
7
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R