忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

出血性ショック(前編)

あの赤血球が先輩扱い。
この後輩の方がよっぽど立派な。

白血球と知り合いってポイントは特殊か。

そして突然の・・・
生命に関わるレベルの頭部の傷。
こんな時こそ酸素を運べと。

また外からの雑菌を退けろと。

ここで先輩らしさを。。
PR

熱中症

発汗して体温調整。
それが出来なくなり、立ちくらみ、そして熱中症となる。

そこへ細菌も入り込み。
赤血球は邪魔だし、
白血球は機能が低下するし。。

何はともあれ水分補給が必須だと。ナトリウムの補充も。
それを点滴で何とかするのか。

これだから気をつけろと。そういうことな。

黄色ブドウ球菌

そうトラブルに遭遇してられない。
何そのフラグ・・・

単球さん。
これも白血球と同様なのか。

黄色ブドウ球菌って、前にも普通に倒してたが。
ブドウと言われる所以か。
そして白血球が勝てない相手。。そういう現象もあるのか。

単球がマクロファージになる不思議。
そして中原麻衣は井上喜久子に勝てない説。。

胸腺細胞

T細胞らの過去?
赤血球と白血球の過去もあったけど、
こいつらのエピソード大事か?

青春時代かな。
効率重視と、バカと。

必殺技を知ってたのもツッコミも面白かったが。

何も変わってない。も、問題だと思うが。

血液循環

研修生も見つつ。
今やこれでも先輩か。

全身を血液循環。
全部見てたんだよなぁ・・・

そう守られてないと全身を循環するのは難しいのかね。

がん細胞

嫌な予感が乱立し。

正常な細胞を汚染し続ける。
まさに悪魔の如し・・・!

バグり野郎。コピーミス。
それが癌細胞というもの。。

みんなの助けと、笑って活性化する細胞。

増殖するモノと阻止するモノ。
完全にいい最終回でした・・・

赤芽球と骨髄球

早々、赤血球が迷子でも困るがね。

骨髄で生まれ、やがて立派な細胞に。
マクロファージさんが先生だったのか。

骨髄にまで侵入する雑菌はヤバいな。
そこまで侵入しておいて、そんな弱い者いじめな雑菌もいるのかね。。どうだろう。

ただでさえ、出会うか分からない細胞の数々。
生まれから育ち後までで出会う確率って如何ほどかと。

石田細胞が案内する先。
半分くらいまで来て、巨大な敵が・・・

スギ花粉アレルギー

スギ花粉はスギ花粉自体が悪いというより。。
それを未曾有の大災害の前兆とするのはウマいというか。

過剰防衛の果て。
あくまでも、それぞれが自分の仕事を全うしただけ。
しょうがないね・・・

薬用。と名付けられた、殲滅兵器。
全てを消して、無かったことにする。ヒスタミン。

こうして戦いは終わるのだな。。

食中毒

胃は溶鉱炉とは、このことか。と。

好酸球?
ピンクの雑魚扱いでしたが。。

白血球族にしては弱いってのか。

杉田ボイスのそれ。
気になることを言って集めるってこと?
他作品でもこんな役多いよね。

好酸球の本来の仕事。
寄生虫除去の役だったわけな。

インフルエンザ

ゾンビ映画かな・・・
まさにウイルス。。

ナイーブくん弱すぎだが。
逆にマクロファージの強さよ。
そしてキラーT細胞に連絡がいく。と。

かつての弱さ。
強くなれと。先輩たちが言う。。
活性化させるのも仕事って、完全に悪い顔してますやん。

いや、活性化しすぎやろ。。
声まで変わってますが。

一週間もの長きに渡る戦い・・・こうしてインフルエンザとの戦いが終わり。
そしてまた新たな戦いが。

すり傷

血小板ちゃん可愛い。。

平和な世界。だったが。。
すり傷ってレベルじゃねぇぞ・・・
落ちた赤血球は血として流れる?

襲撃してくる細菌が邪悪すぎてだな。
カサブタとか、簡単に剥がし続けてごめんね。。

予め血球たちのことを調べてきたからこその強み?
見落としていたのは血小板ちゃんたちか。
道を塞ぐことで増援を止める。

カサブタ・・・おぉう。マジごめん。

肺炎球菌

新番組です。

赤血球は酸素を運び、
白血球は外部からの邪魔者を殺す。

それはもうなるほどな。。。
身体の中ではこんな戦争が行われていると。

くしゃみで排出されるのか。
最終的に。すげぇ勉強になるな。。

自分の中がどうなってるのか気になるレベルで。
血小板ちゃんは可愛いのは分かった。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R