忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

桜花、咲き戻りたり

最終回を迎えました。
最後に朧かぁ。。登場機会のなかった弦之介を出してもさぁ。

能力を知ってるからこそ、攻略法が分かる。
最後にやっと活躍できたな・・・

目を潰して終わりとするのか。
それで、まだ残ってるし。。
その再生法に瞳術が効いたが。と?

何この次世代。また同じ繰り返しだったの?

バジリスクを原題に使ったくせに、どうにもな作品だったな。
能力バトルとも取れないし、代わりに幸せになれたでもなく。
PR

桜花、乱れあう

刺しても死なないわなぁ。
死人だもの。。

片付けられるだけか。ラスボスもなんだかなぁ・・・

時戻しと能力の重なり合い。
最後に皆と会えたのは良かったのか?

飛び込んだ先がさらなる過去?
これを倒して変えたら歴史が変わるか?

魔、黄泉返りたり

やっと自分に戻りまして。
その頃にはもう仲間がほぼ・・・

そうだ。まだ時間逆光のヤツも敵に残ってたか。

八郎弱ぇなぁ・・・
女子ら最後の幻術コンボでようやくだよ。

孔雀=蘭丸。
そして信長復活を狙っていた。
血を求めていたのはそこ?

復活し、蘭丸を蘭丸として認めなかったが。
孔雀のごとく美しかったとは言ってくれるのな。最期が嬉しそうだった。

於母影、失せるべし

ここまで来て刺されて終わりとか無いだろ。。
傷の肩代わりか。

七弦がクズすぎてだな。。
自分で自分に決着させたが。
母への思い、その重みが伝わりづらいなぁ・・・

これで一斉に死んだのか?
もったいないくらいに軽く死んだな。。

蓮華、倶に見るべし

自分で走って撃ってたほうが安定せん?
弾も限りがあるだろうし。

響にかかった術は解けぬが。
せめて恋心側に傾いてくれたが。それこそ狙い?

母の面影?
完全に術中じゃないですかー。

銃の思い出から、両腕切断とは。これもう。。
撃てなくなってからこそ、撃つ。そんな最後の弾丸か。
そして肉団子へ。こっちは自爆エンドは逃れられなかったし。

百目、宿命を見たり

さぁ不穏な空気が漂ってきましたよ。と。

才蔵が過去を振り返り。
そして散りゆくのだと。。

城の進行は止まったが。
そのための命だったと?

桜花、散るべし

思い出語りも嘘のこと・・・?

信長の依代として。
それを狙っての、ここまでだったと。
頭を落とされ、利用されそうな所を何とか回収したが。。

一方その頃で。
魔人相手に蟲使いがようやく役立ったかと思ったら。

根来さんだけが命を落としたと?
蟲使い役立たずやん。。

一同、修羅に集う

甲賀弦之介を恨む朧?
そんなわけないだろ・・・

何この百合展開。
その死亡フラグ。。

涙の拾われ方。
このタイミングで回想すること・・・?

八郎への襲撃も終わって、城へだんだん集合し始めた?

巨城、鳴動す

響が洗脳されたまま?
そして城は動き出し。

雑魚はどうとでもなるようだが。

坊主とは共闘するしかないか。
目的地が一緒なればこそ?

動揺を誘われた八郎は自分で自分の瞳術にハマった?え?

響に語りかけるは朧か。まさか出て来ようとは。
というか、赤子の時代で別れてるのに分かるもの?

盾眼、謀られたり

とりあえず城は落とせたのか。

七弦さん雑魚すぎん?
忍が幻術にかけられるとか、もうさぁ。。

信長復活の噂。

俺のものになれと。
完全に罠ですね。。
これで響が囚われの身に・・・こんな簡単なら、前から出来てたんじゃ。

叢雲、滅すべし

瞳術効かないおじさん。強すぎませんかね。

陽動作戦が読まれることまで読んでいた?
その間に城に入って殿を止めようと。
結果、そんなこと出来ないって終わってるが。

瞳術の共鳴。
これが二人の力だったと。

大砲のほうは連続射撃で。
滑婆さんも大筒持ってたのかよ。

現、奈落の夢を見る

幻を見せる術。
それは父の命を消費して得たもの?

そのトラウマで得たものとも。

やっと砲身に爆弾を打ち込む段になったが。
時を反転させる術に阻まれたと。

こりゃ主人公らしく八郎の方がキーになるか?

松籟、吹き抜けり

そういえば作戦中だったな。

七弦の過去?
外から来た感じなのか。

足を引っ張ってばかりか。
それは昔から。と?

虫を爆雷代わりに使うとかさぁ。。

汝、犀の角のごとく

作戦決行前にネジが外れる?
何その不吉な・・・

身を護る鎧でなく、筋肉が爆ぜるのを抑えるため。。

そこへ襲撃してくる化け物ってか。
化け物同士の対決であると?

洞窟内で塞がってる中で痛がる姿。
え、、何で裸?さらしを貸しただけ?
えーっと。。え?

羽衣、修羅を見たり

女だ!ひゃっはー!だが、
城に潜入してた分、助けやすかったんかな。

主から説得することが出来ないなら。
直接交渉に来たのかね。

再びの戦火。信長の復活。また忍びが必要とされる世界?
何つー禍々しいしろだよ。。幻術の見せるものかもだが。
仕込みの大砲の方が偉い威力だな。。いっそ、そっちも幻術だったかのようだ。

結果、忍びたちは使われるままの存在やん。。
裏に抱えているものまでは見えてないし。

胡蝶、舞えり

猿の巣の移動。
全ては妄想だったのだと。見せられたんやろなぁ。

地獄しか見せられない幻術。
結果、自死を選ぶまで追い込めるなら最強やん?

城への偵察。
目を飛ばすのも役に立ちすぎるな。
迎撃は他に任せればいいわけだし。

逃げるときもまた。

成尋、再来す

侍がもったいないから、忍者でって。
忍者だってさぁ・・・

今度は蟲使いの支援か。
男組はだんだん合流していくのな。
風を読むためのシャボン玉が、そもそも眼を通す能力になるって・・・そもそも負けか。

変わり者の主に、変わり者の手下か。
それもいいのかね。。

女子側も忍びっぽく活動してるが。
どうにも話が繋がらないのよな。。

殿さまにはまたそんな。。

忠長、翻心す

謀叛を起こす気を持っている。
そう思わせれば、潰すだけの理由にもなる。
と、仕掛けるつもりかもしれない・・・そこは何とも。

言いくるめる?催眠かな。
殺してはいないよな・・・?

そうか。物語冒頭の忍び殺しは、金の工面。
そして森が動く云々も、ここの話に繋がっていたと。

そしてそこに賭ける命はないのだと。
というか、頭領をサポートしてるやん。何気に。いつ見つかったのさ。

凶雲、胎動す

猿狩りの咎か。
それ以上に何かに恐れてるっぽいが。

成長し、これからが本番か。
いつか戻ってくる八郎のため。
修行をして、家を守り。。

誰もついて行けなかったんだな・・・無事かも分からんて。

成長した八郎の前に出てきた男。
やっと話が動くと?

桜花、狂奔す

子どもたちの戦いかな。
しかも頭領たちを欠いて。

幻を現にする能力。
大したもんだが。
子供たちではどうにもだな。

殺意と無力化の奔流。
やっぱりこの二人の物語だとでも。
まぁ全く意味が分からないよね・・・

成尋衆、顕現す

勝手にオッサンが一人落ちてるが。
触手使いが勝手に死んだ?

吹っかけるだけ、吹っかけて。
将軍を焚き付ける物語なのか。

まだ全然本格始動した感じすらせんし。。長い。

甲賀、散るべし

最強瞳術はさすがだが。

結局、集落を出る前から戦いが始まっている?
伊賀甲賀の話じゃないのか。
時を戻す術とは厄介じゃないか。

子供編長すぎんよ。。
それぞれに主を守ろうとする覚悟は子供らなりに持ってるのは分かったけども。

五宝連、推参す

忍術対決?
あまりに一方的だが・・・

まだ子供編続いてるのな。
アレと同じ瞳術か。そりゃ大変だ。。
そして出て行くのだと?結婚反対とか?

先代の闘いの顛末。
真実と異なる伝わり方のしたもの。

そして全滅エンドの先の話。
生き延びて、双子を産んで残したと?

桜花、咲きにけり

新番組です。
やり直しとばかり思ってたが、息子娘世代?
全滅エンドだったはずじゃ・・・

子供たちの戯れ?
忍者の遊びは命懸けすぎてアカンわ。。

そして忍びの術を残すため、兄妹を契らせる。か。
忍び世界ではありそうだがさ。

まだ戦いも何も始まらんな。。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
7
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R