忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

オレとあいつの未来の件について。

最終回を迎えました。

たまたま地元に戻ってきてる?
出会うまであるかと思ったが、そうはならないか。

よく勤務先を知ってたな。
そして、つっつんの名を・・・

旧友あるあるだな。結婚しても名字呼びが変えられない。
やはり出会いが記憶を戻してくれる。。

綾戸さん、、すっかりクソビッチになりおって。
PR

オレとあいつの最後の約束の件について。

事情を知ってれば、情けないとか言えないな。

でも、だからこそ頑張れよと。
その情けない姿を晒すなと。。
そこから立ち直ったとしても。

最後に忘れる約束は辛いな。
元々何もなかった自分に色んなものを与えられて。。

一気に7年後とは凄い飛んだな。
仕事も人間関係も順調で。出会わなければそうはならなかった。。

しっかり記憶を失くしちゃってるが。
エンディング最後の小憎い演出が表すものは・・・

オレが生命の神秘を考える件について。

いいおっちゃんに拾われたし。
飯も出してもらえてんじゃん。。

コイツもまた人生観変わってんじゃん。
というか、その負担とかさぁ。

離れてやれよ。か。
それで終わりとは思えないが。
徹底張り込みとは覚悟決めてきたな。

成功するかも分からない脳の手術。
記憶すらも危ういって。。

オレの高校生活の悔いなき選択の件について。

気付けば周囲が進展しまくってるという。

女の子が泣く場面だろうに。
世界が変わったかー。

最初に成立したところは、むしろ終わりが近いわけで・・・

数万円借りて、悔いのないこと?
ゲーセンで数万は大きすぎるな。
何日間も遊び歩くがため?

寒い海に連れ出すのは、さすがに身体にこたえるんじゃ。
転校が嘘でも、休学・退学の可能性はあるわけで。

オレの友だちかもしれない奴がくっついた件について。

何その料理スキルの高さ。
他人の家のキッチンでスムーズな連携って。

付き合ってもないのに、他人の付き合いに行くなって言える立場かね。
それが好きって意味だとも。

え、、何を経験しちゃってるのか。

一番早期に付き合い始めたはずが、一番遅れ始めたな。
残り1ヶ月か。どうせぇと。

オレを悩ませる彼女からのお誘いの件について。

経験値の差か。
それはしょうがないね。
お前にはあるのか?って話だが。

求めあった末の悩みであったと。
そして自分のほうにも影響があって。

そんな話を聞いちゃうから、性的なことばかり考えてしまう?
普通に旅行を楽しもうとしたのにね。

オレの女友達・石野さんの恋の件について。

え、まさか進展するのか。

自分のことより、他人に突っ込む。
それが弟・妹のことにすら。

そんな一生懸命さを評価するか?

綾戸さんの新たなる悩みの件について。

まとまれるものなのか。
二次元趣味のその先を。。

お姉ちゃんと呼ぶやつな。
ただ別れは確定してるわけで。
それがこちらからか、そっち側からの違いだけで。

妄想が止まらないのはしょうがないね。

オレの両親の恋愛秘話の件について。

不倫なんて以ての外だった?
食事してるだけで不倫ならそりゃなぁ。

接着剤の研究。
そこからの出会い。
クズ男とは違う父ちゃん。

ただ気持ちをぶつけるだけで良かったんだよな。

それは誰かさん同士もその通りで。

オレの家族にまつわる予想外な危機の件について。

文化祭が終わって、平和な日々?

かと思えば、家族の危機?
母のモテ期。父の浮気?何それ怖い。

そうした事実はあったが、、と。
せめて言い訳してくれればよ。

文化祭における重要な役割の件について。

看板を汚した分、むしろ上回って。
それが青春なんよ。。大人になって分かる。

やっぱりお前がメイドやるんな。。そして女子を越えてくる。

ミスコンに予選と決勝があるのか。
あざとい・・・もうさぁ。

それもう芹澤優が出てる。
そしてキャラとしては、そうじゃないって所。
それでこそだよ。。

そもそも彼氏持ちなんだし、認めてくれる人は認めてくれてるさ。

オレたちがリア充に片足つっこみつつある件について。

新番組。第2期。

陰キャがリア充イベントに参加するわけ・・・いや、お前はリア充側だったわ。
誰だお前?ってのがOPにいたが。。また変化が?

よりにもよって実行委員に任命か。

こんな第2期の1話目から告白とは。
パワーの使い所の難しさよ。
今のタイミングでなければ通ったのかもな。そもそも一度くらいで。か。

あ、髪切った。これでOPに合った。

ミスコン出場の話。他人の記憶に残りたくないんやろなぁ。
初回からグチャグチャにしてくれんねぇ。。

オレとあいつの恋のかたちの件について。

最終回を迎えました。
続きは2クール目で。

付き合い方の形。
またそういう不器用な距離の取り方になる。。

それでバイトをし、指輪の購入へ。
どちらも距離の詰め方が下手というか。
伊東も同様なんだがね・・・

病院通いの設定と、血の繋がらない弟設定。
そこら辺は2期に丸投げか。

オレが気になる親友の恋の件について。

女子。しかも気になる相手を誘えって。
ここで気付くのか・・・

周りが青春しすぎてて。
片や自分はと言うと?
元彼に振り回されて、オシャレも空振りになり。

今回、絵が変すぎない・・・?

確かに自分が駄目だから自分以外の男を充てがおうってのは。
どうにもなぁ。。
ただ親友の恋を支援したいにしても。

どちら側にしても・・・

そして今度は弟の出現か。

オレの告白の件について。

いきなり告白の断りを。
ケジメというか。その辺り。

そして誰が誰を好きなのか。
ハッキリとはさせなさそうだが。

好きの気持ちの本来の理由?
そういえば3ヶ月リミットもあったな。
それが何より大事なはずだったが。

オレたちのすれ違いの件について。

他の子に優しくしてるのが嫌だと。
特定の誰かからの好意よ。。

それがどれだけ勇気の必要なことだったか。
それに応えてやらずに逃げることの臆病っぷり。

大丈夫。断られること前提での告白だし。。

むしろキッカケをくれたとも。

オレにはキャンプがハイレベルイベントだった件について。

キャンプイベントがハイレベルというか。。

狙ってる男に真っ向から拒否されるという。
もうこれでイベント終わり?

気持ちの錯綜がだよ。
誰が誰を好きであり、
誰が誰を気遣っているのか。と。

ワガママは言ってもいいんだよ?ってことかな。

オレと二人の女子の件について。

浮気相手とは。言ってくれるな。
ただのいい子なだけなのだが。

美男美女揃いなのも確かだが。
それで勘違いさせてしまうのも・・・

何この暖かな空間。チーム結成?

オシャレに。か。
店の人にでも頼めばよかったのでは。
メイドとの遭遇。カッコよく遮ってくれるな。

あぁ、気になってるぅ。。

オレの謝り方の件について。

こっからどう頑張ったものか。

勢いで伊東とも不仲になったが。
そっちは思い入れもあってか、謝れるのな。

女の方は相変わらず分からないが。
直接聞き出すのも、ある意味で魅力なのか?

信じてくれなかったこと。
これで理解できたかね・・・押し倒したのはビックリだったが。

安心出来るところ?それを言っちゃってていいのか。

オレが夏の思い出を作ろうとした件について。

そもそも妹を利用してる時点でさぁ。

信用度の違いか。
それは辛い点かと・・・

良心の呵責というか。
言い返すなら、返してこいよってか。
そこを返さない反撃方法って自覚なき攻撃を・・・

周囲だけ誤解がとければって決着も。

好きなアニメを語らう相手。
発する言葉の難しさはここにも通じそうだが。

卑屈が理由で怒っているのでなく、、、分からんかなぁ。

オレの暗黒期の件について。

勉強を教えましょう。と。
浮かれるのも少しくらいは。

イケメンに絡まれまして。
自信の喪失へと?
ネットに晒すことなんて、誰にでも出来るんやで。ヲタに限らん。

自分一人ならともかく。
周囲へのレッテルはやべぇな。

ん?好きな人繋がりでイケそう・・・?

オレとリア充が色々こじらせた件について。

好きすぎて感情がもう分からない?
まだ3話目ですごいな。。

他に聞いてもらったり?
それで少しは仲良くなったり。
リアルが急に充実し始めたが。

これでそんな相手が恋愛で失敗してたら。
少しは心配する?そもそも友達が少なかったのなら。と。

オレの貞操がピンチになった件について。

半年限定の付き合い?
なるほど。ただの暇つぶし。真理かも。

本気とは。だが。
いきなりの貞操の危機と言われてもよ。

男と歩いてるのを見た童貞は、こうも極端であって。

男の影の嘘も、大病の嘘も。
どこに真実があるか分からんじゃないか。

だんだん好きになっているやつ?
次第に事実を知る流れかね。

オレがあいつと出会ってしまった件について。

新番組です。

たまたま遅刻してしまい。
そして出会いへ。。

キモいというか、それを人格否定に感じるのがさぁ。。

たった一回のプール掃除で、どんだけ進展してんのかと。
誰にでも唇をゆるすビッチだよ?

気になってしょうがないみたいじゃん。。

培われていた不屈の精神で?
何その終わりの見えてる物語。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R