忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

粛清

魔法士の粛清が始まって。
教会が最後の相手となるか。

脱退し、皇帝として立ち上がり。
反逆へと。

邪紋による縛り。
アイシェラのそれが発動し。
よく命を棄ててくれたな・・・

プリシラが浄化してくれたが。邪紋浄化能力なんてあったのか。
PR

三勢力会戦

本格的に戦争開始だが。
三つ巴というか、2対1なところあるけども。

屈服させ、愛に目覚めさせ。
こんなアッサリ終わるならさぁ。ってところあるな。

公子覚醒

練度の高い兵士だから出来るアートかな?
学んではいたんだろうな。戦い方というものを。

それでも狂戦士相手には手こずったわけだが。

もう戦いの道は避けられないと。
それが三つ巴の戦いになろうと?
勢力は違うが、協力されたらヤバかろう?

盟主

勝利し、改めて主君となって。
そして独立し。。

あくまでも愛し合う二人のために・・・そう我々のように?

ようやく立ち上がって。
膠着状態に持ち込めるかどうか。

両雄

打って出ると。
立て篭もらないミルザーらしいけども。

絶対君主か選ばれた君主か。

蹴散らされる蹴散らされる。
テオまで一直線で。
挟み撃ちまで行けそうな感じだったが。

結局、一騎打ちを受けちゃうぅぅ。。
最後に分けたのは聖印の扱いの差か。
ずっと走りづくめで体力が削られてただけじゃね?

前哨

地の利を活かした森の戦い。
あっという間に終わってますが。。勝ったの・・・?

釣ったり釣らせてみたり。
各地で大変なことに・・・

勢力図が分からんわな。

帰還

テオには爵位を。
黒魔女には処刑を・・・どうせ殺すなら手当てしなけりゃよかったが。

こうしてデーモンロードを呼び出す隙きを与えたし。
むしろ教会がそうなるように仕組んだとも。

人気のある君主と、そうでない君主。まぁ色々あるわな。

ミルザーとの決戦へ。
アニメでの描き方だと、明確な敵だもんなぁ・・・

常闇の森での戦い。
人気の差に焦ってるように見えますぜ?

システィナの解放者

このサブタイに凄い既視感。

集まってきた兵たち。
血の縛りなんかじゃない。その決意。

完全に消耗戦だったが。
決意の堅い方が勝てたというか。

他方では隠密な戦いもしてたが。
狼少女らの話が飛ばされたから、お母様がどうだって話も分からんのよな。

そして一気に解放まで。死すべきところは責任をとってもらって。

故郷へ

たった数人での上陸。
この双子のエピソードがことごとくスルーされてませんか。。

対抗するべく味方集めするが。

圧政の続きすぎた国では。と。

甲冑相手に生身でさぁ。。
蜂起することがどれほどに大事かってことかな?
その意思こそが。

条約結成

生きて何も成さなかったが、
死して何を残すのか。か。

一方、主人公組。
力で潰そうとすると、潰しきる前にまとまってしまうのだよ。
誰が盟主かどうでもさぁ・・・

ラシックvsミルザー。
怖いぶつかり合いだったが、一刀いれて終わりか。

マリーネとの会見。
愛を貫いてほしいのは正直なところだが。
もう汚れちまったんだよなぁ・・・

テオがシスティナ解放へ。
これがやりたかったわけだし。まぁ。

一角獣城、落つ

自分で好色伯と言っちゃうかー。
負けを覚悟した人々というか。

降伏するとか、そんな道もないのな。

散り際も描いてこその戦記モノではあるが。
まぁ綺麗な炎の舞いだったよ。と。

テオが成すべきは逆襲でもないわけなんだよなぁ。。

裏切りの刃

急な獣人設定だな。
飛ばしましたやん。。

別キャラ出すぎかと。

そうか・・・裏切りってアイツか。
向こうの女とセックスして出ていったヤツ。

主人公そっちのけ。
それでこその戦記物ではあるが。
あれ?冒頭の獣人たちどこいった?

漆黒の公女

意見は通らずだし。
こんな時に領地探訪と。

意図的にヒロインが削られてるせいか。
一気にカップル成立まで行った感じも。

一方で、悲恋のカップル側だが。
戦争も始まって、もう戻れない覇道。
そして支持すべき王を求めたら。。と。

主人公組が幸せなキスをしてる中で、散らす女の体とは酷い対比やな。。

会議は踊る

アレクシスの恋の話?
どこまでも若いというか。。

敵国同士の愛し合う二人。
それを後押しするヴィラール。
連合と同盟の対立会議。

助けるし、力は貸す。だが、盟主にはならない。
あくまで和平を進める・・・血の縛りゆえ?

こんな擦れ違いで愛も何もな。

白亜の公子

何の話でしたっけ・・・となってる。
領主の説得も、民を思ってのこと。
ここは御しやすいところだったが。

地元の名前を出していること。
そこには特別な意味があってだな。

愛ゆえの?
そんな個人的な感情ではないのだが。。

進軍

戦いから離れて、舞踏会パート?
お似合いの~とか知らんが。

君主としての戦い?
既に地位は明け渡してるわけだが。
覚悟を問うたというか。実力差かな。

城を明け渡すというか。
一人でもやってやれるのだと。

今回は随分とスキップした感あるな。

常闇の森

交渉回か?
この当たりは興味も何もな・・・

vs吸血鬼とするが。
こんなアッサリめだったか。

女王の方を打ち払い。
人狼族を助ける流れ。
二人の嫁を手に入れるのってこんなにアッサリだったっけ・・・

決断

黙って隷属させればいいものを。。

数で劣る籠城戦。
援軍も頼れないが。さて。

迎え撃つのをいいことに。戦い方もあるさね。と。
そして何より個の能力の高さかな。
アイシェラがヤバかったが。

停戦交渉に持ち込もうとするが、それも駄目かー。
もう引き返せない?

そしてここぞを狙われてたと。。アホやなぁ。

結局、爵位は返還し、騎士として地元の奪還へと。
心強い仲間はいるからまぁ。

戦旗

神に仕える僧侶と、魔法使いの対立。
聖印とは対するものだからしょうがない。。
説明されりゃ一発なのに、そんな基本すら言われない。。

領土の拡大でなく、地元の奪還。
そのために英雄の名も借りたりで。

混沌の暴走と魔物の出現。
これも人類の敵だからな。

相手にすべきものが多すぎんよ。
だからこそ領主という率いる存在がいるのだが。

フラッグがここまでの演出だったとは。

ここらの領土は全て俺のもの!とか自惚れてたらな。
そりゃ反旗を翻すのも出てくるさ。

野心

流浪の領主がいきなり領土を手に入れて。
身勝手に担ぎ上げられただけだが・・・

まずは攻めてくる敵の撃退準備を。か。

50数名を相手に3人だけで。
君主は放置って大した自信家だわな。
印を持つ者の強さかな。

意外と早い降伏。
器の大きさの違いだったかー。

契約

新番組です。
こんな話があったっけ・・・

テオとシルーカの出会い。
うん。アニメ用にウマいことまとまってるじゃない。

契約違反した領主から領土も奪って。
まんまとテオが領主になる口実も得て。
まぁここからだとでも。

これも言われてるほど悪くないなぁ。。ネットの評判がアテにならんな。。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
12
23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R