忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

そして姉川へ

最終回を迎えました。

落ち込みまくりな。
状況がしょうがないのだが。

城下町を歩く。いや、顔バレ・・・秀吉ぃ!

是非もなし。の精神。
姉川の戦いまで後10日!で終わるかぁ・・・!!

史実を描くもので、こうまで面白く出来るとはな。
ニコ動で見てコメントのツッコミも良かったのかも。
PR

お市争奪戦

戻らぬお市。
同盟が切れたのだから・・・しかし。

決意固く。
妹でなく、浅井家の妻として。

改めての決意ではあるが。
よく使者は生きて帰ったもんだ。。

孤立を高める信長か。そういう時代だもんな。

翼をください

二十日も前に成功させた料理って。
しかも成功した料理にも見えないし。

もう結婚しちまえよ・・・!

新しい刀を。
そういえば折られてましたね。

刀は信長の言葉。なるほどのぉ。。

とある忍びの火縄銃

結果、次回のラジオが山口勝平さんで吹いたw

信長を狙えと。
明智フラグが立つが?

音が鳴ってから庇うって、どんだけ素早いのかと。
危うく揉みそうになるけども。

今回は歴史的にはあまり・・・な回だったかな?

殿といつまでも

日ノ本中の菓子を送れば・・・この信長であれば。

浅井との離縁。
しかし離れまいとするその想い。
それがあるから、ファンもつくってもんさ!

そんな信長も離脱ルートをってな。
ただの帰還ルートにならない辺り、この話っぽいが。

生還なう。

戻ってこれたが。
ここで死んだらギャグだな。

恩賞もあれど、次への戦いへの不安か。
敵対したくなかった所だし、妹だし。

しかしここからが本当の勝ち上がりってな。

話数的にはそこまで描いて終わりなのかね?

さよなら金ヶ崎

絶体絶命からよくもまぁ。。
やがて裏切る男とは思えんな。本当に。

鉄砲重視と、鉄砲軽視に見る戦歴というか。
その一発が大事だったんやな・・・

そして徳川の合流で戦況一転。
言葉もまさかこう繋がるとはだよ。

家に帰るまでが殿です

一方その頃。殿たち。

形振り構わず逃げることも出来たが。
ここでもう一日。あえて粘って安全を確保する。
秀吉が一番カッコ良かったところってことな。

雨が降って、火は消えてしまったが。
足止めにいいのかどうか。
金ケ崎編の最大の試練が始まるか。

朽木の谷のモトツナ

久秀が説得に?
何て信用ならない流れなんだ・・・

しかし官軍となった信長への反抗は愚かだと。
そういう説得がまー板につくというか。

ダメ元でやってみたって感じが凄いな!

どっちに?という感じだったとはいえ。

真柄無双

引き続き、撤退戦。

真柄の大太刀。
やべぇな。。

倒しきれない相手というか。

さらに逃げ延びた先での遭遇戦。
これもまた歴史な・・・

熱闘金ヶ崎!!

撤退戦の開始。
追ってくるのも只者ではないが。

立てこもっていると信じさせて、行軍を遅らせたり。
さらに柵で足止めしたり。

千鳥が出るべきは、前線ではなく?
夜襲か。忍者らしい。

安心して寢らせないという意味では効果が絶大なのか。

いざ!!退陣!!

退却戦へ。
どう考えても秀吉が殿なんだよなぁ・・・

光秀も完全に地雷を踏み抜いてるが。
逆に先導するのが安全なような、裏切り臭もするというか。

やはり千鳥も残る流れだな。
そして迫る武将がいると。。

作中最強?マジかぁ。。

激震!!浅井家

とりあえず、これだけでも見ないとってことで。

まさに激震。浅井家。
内部分裂も凄い凄い。

小豆の袋の両端を・・・
確かにこの作品の信長じゃ小豆は通じないよね。しょうがない。

単に千鳥が伝えれば済むってだけだったが。
有名な話だっただけに面白かった。

危うい快進撃

危うい。と言われちゃってますが。。

調子よく1日ずつで城を落とす。
本当に無能なのかどうか。

浅井との挟み撃ち作戦。
ちょうど千鳥が行ってるわけだが。
さぁどう動くやら・・・

すっかり幸せ一家になってるのは分かったから。。

何かが始まる予感

家康の丸さは凄いもんだが。
この馬鹿将軍の鼻くそでも動じないか・・・っ!

むしろ助ちゃんが動じてるわけだが。
イケメン相手でも千鳥は変わらんからなぁ。

信長の真の狙い。
助ちゃんが気付いたとしても、そうは変わらんわな。

百年の歴史

全国糖一・・・もう駄目ね。

食うんだ。そのご馳走。
もう耐性がついたのか、確かに元々丈夫だけども。

将軍の封殺。
あまりにも妨げだし、そもそもアホだし。
アホだから担ぎ上げたんだけどさ。。

百年の歴史と戦っている。
それもそうだが、まだ先は長いのさ。と。

また闘る日まで

これの前の話が好きすぎて、結構な回数見たわぁ。。

奥義でサラシを持ってったのか。
何というラッキースケベ。

子供の方では相手にもならぬが。
月一決戦はちょっとなぁ・・・

忍びを偵察してる歴史家たち。。忍び以上に忍びだ。

水面下の死闘

手裏剣文。
忍者らしいじゃない。

決闘へ。どんだけ決闘馬鹿扱いなのか。
織田への抵抗は、心が折れぬよう?
心から服従させてみろってことなんかな。

こんな所で立ち止まらぬよう。こんな所とか言っちゃうのな。

加速する千鳥。
奥義だって通じないとは。実力差よ。。

鬼と化け物

奇襲に奇襲返し。
相変わらず容赦なし。

相対して、剣の対立。

ようやく見つけた剣の相手?
それが千鳥ってのも剣豪としてどうかと。

兵糧攻めで終わらせるでなく、果たし状にて?
それが千鳥の方からってのは意外。

とある忍び嫌いと超剣豪

目指すは伊勢の国。

滝川。極度の忍び嫌い・・・
蕁麻疹が出る程なのか。そりゃヤバイ。

卑怯な手も使うし逃げもする。ただ忠誠心は確かだがなぁ。

鬼と餅・・・兵糧攻めだけで倒せそうなんだけど。後者のせいで。

西の国から1569

ルイス・フロイス来たりて。
変なテンションすぎないか。

俺が見せてやる!で、土下座は吹いた。
忍びの存在の誤解はあるあるかな。

利益を求めぬ布教活動。
立派なもんだが、日本観光ダダ漏れですが。

ウザいを上回るウザい将軍。何か、、ごめんなさい。

反撃は歌とともに

雪に蜂蜜・・・マズそう。
この信長は甘ければいいのか。

援軍。詠ってる暇あるかね。

詩が決まれば、覚醒モード。
それで薙ぎ倒して行くわけな!

城内のバカ将軍は何もしてくれなかったが、何とか何とか。
さらに言えば今回は信長も馬鹿だったが。
殿の行動を縛る条約。・・・何も気にしなかった・・・

鬼の居ぬ間の六条合戦

おしるこ・・・そうやって飲むな。

一方、明智はストレスを溜めていた。。
本能寺フラグ立っちゃうぅ!

斎藤龍興!?あのデブがこんな・・・変わりすぎぃ!

千鳥を援軍調達要員として。
でも、主力が抜けちゃったら・・・

政権交代なのだー!!

信長のバックアップで政権交代。

副将軍の地位は受け取らず。
将軍の後ろ盾と、大きな軍を手に入れた。と。

それでも乱世は終わらないのだよ。。

秀吉と千鳥に目をつける辺り、本当に真贋の持ち主なんだろうけども。
まぁ今の状態で手放すわけもなく。

そして敵は動き出しているのだと。。

松永台風上陸

松永久秀が本格的に頭を下げに来た?
まぁ偉そうなんだが・・・

やはり甘いものに目が無さすぎぃ!
そこに無防備だが、それより裏切り云々でお前に言われたくはないわな。

いろんな逸話が残りすぎてる人ではあるが。

エッチ指南本なー。千鳥にそういう話は向かないかー。
本来の女忍と来ると。。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
13
23 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[10/24 シャネルバッグコピー]
[08/16 むりぃ]
[08/15 ミント]

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R