忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

三日月の夜

まったく、いつまでもウジウジと。
子供らがこんなにも頑張ってるのに。

恋人だったからってな。
死を引きずり過ぎだろうに。忍ですら甘いわ。

最後には立ち直らせることが出来たけど。

でも、結局は腕じゃなく。
突き立てた刀に特攻し自爆することで終わってるのが。。
何だったんだ?今回の話。
PR

月光に消ゆ

乱戦は続き、そろそろ次なるステージか。
死体が増えてきたからこそ?

血継限界の死体は優先的に封印して。か。

一応は抜かりなくやってるんだけど。。
いつか返せるように保管してるからこそ、抜け道もあろうに。

皆が師匠を越えたり、覚悟を決めてるのに。
乗り越えられないヤツがいると足をひっぱる・・・

心の目

前回のことを受けて、目が回復しないネジ。
それをフォローするヒナタ。

そして思い出すのは過去のこと。。か。

目に負荷をかけすぎて、一時的なり潰してしまった。
それを回復させる特効薬探しで。。

大蛇丸もまた特効薬狙いだった?
瞳術使いならでわというか。

まぁ回復しあう信頼関係エピソードかな。

復讐者

身体のほうは支援も限界のようで。。
ナルトに何が出来るってのか。

囚われの魂は、とりあえず連携で保ってるようで。

それに死人よりも成長できる自分たちのほうが。か。
それでも上回ってくるのは、死人と呪印の呪いの力。

そこを見越した上での挑発。
全てはナルトを呼び込むためだったか。

ナルト1人で乗りきれちゃったのは少しさみしくもあるな。
それだけ力の差ができてるってことで。

黄泉転身の術

魂だけ切り離されて。
肉体側は僅かなチャクラを留めようと仲間たちが奮闘を。

結界内での戦い。
しかも相手は完全不死か。

チームを組めているのが有利に働くか?

通信術で語りかけるだけで「解」になる。
が、結界のせいで場所が特定出来ず。

肉体の死か、魂の死か。間に合うか。
何気にギリギリの戦いになってきたな。

過去の亡霊

そういえば、白ゼツもいたんだな。
ナルトがいれば助かるけど、全てにナルトを派遣するわけにも。

さらに出てきた新たな敵。
それはかつて戦ったことのある相手か。それぞれに。
成長してない~と、死体に言われたくないな。呪印パワーはアップしているようだが。

それ以上に成長しているってことで。
成長の証として見せつけるイベントとしては良かった?

が、それだけで終わらず。
転送術で飛ばされたか・・・積尸気冥界波みたいな?

恐怖・蒸危暴威

生きてたか。爺さん。

そして我愛羅の砂で押し切る体制に。
何だか相手もノッてきてしまって?
まぁここを真っ向勝負で勝てないなら次は・・・ってのは確かだが。

油は強敵ながらも、受け取った砂金で。
今回だけじゃなく砂金が使えるならいいな・・・

一方、残っていた片割れ?
まだまだ戦況は続くってことか。

敵はまだ増えるみたいだし。。

矛盾

三代目雷影。
そこへナルトが間に合って。

風遁の使い手ってんなら、現代はナルトが一番か。

打たれ強さと速さ。
生身で尾獣とやり合えるほどって。。
そして完全支配モードで手加減もなくなって。

最強の矛と最強の盾を持っている者。
その矛盾。

前のめりに倒れていたってのがヒント。
方向を曲げて、自分で自分を突くのが正解か。

一方、現役の最強の盾は依然ピンチで。

水影と蜃と蜃気楼

やられる気マンマンでも、身体が勝手に動いて。。

幻術使いで物理攻撃は利かないって言ってるのに。
せめて誰かエース級がいないとな。

蜃気楼だ。そこにはいない。って言ってるのに・・・バカしかいないのか。おい。

別の場所でナルトが合流し。
切り崩すキッカケになってくれてるが。。

どうにも爺さんが頼りないな。
体力不足、ぎっくり腰。。
もうここで本当に死んだとしてもしょうがないよね。

認められし者

どんな術もチャクラも吸われ続け・・・

イタチ兄さんがいなかったら危なかったな。
最後には大蛇丸も封じた十束の剣で。

自分だけで何とかする。力だけを追い求める。
そうするといつしか落ちてしまう・・・
あくまでも、皆に認められる形に。

イタチがサスケを託せるように。
その心を大地にしていけ。と。。

ついに接触!!ナルトvsイタチ

イタチ兄ちゃんの苦労の甲斐もなく。
サスケは今や闇の道。。

あとはナルトに託すしか無いってのは変わらずか。

だから自分たちを殺せ殺せと戦うのか・・・

そんな時に発動するイタチの仕掛け。
ここまでずっとの伏線だったというの?
サスケに仕掛けるためのものだったようだが・・・

強力な味方が出来たな。
ただ長門が敵なのはそのままで。強すぎだ。。

父の想い、母の愛

我愛羅vs我愛羅・父。
里のために非情だった父が今なら分かるってな。

ナルトがそうだったように。
我愛羅も小さい頃から過酷なものを背負わされてて。

突き落として始まった我愛羅の物語。

でも、、今更。
ちゃんと愛されていたと教える。
穢土転生が伝えたものが大きすぎるぜ・・・

次回はイタチとナガトか。
ナルトvsイタチでまた伝わるものが?

ナルト、参戦!!

何が始まった・・・
年末年始と特別エピソードなんて挟むから、総集編ってか?

それにしたって緊張感のない・・・
リーのほうのアニメでショートコント慣れしちゃったか?

植物+初代火影の細胞。
マダラもまた初代火影の力を入れてるってか。
さらにゾンビ軍団。何という不死身軍団・・・

対抗できるのはナルトだけ?
修行の成果が素晴らしいことになってるな・・・この強さは異常すぎる。

白ゼツとの木遁とも相性がいいようで。
これで白ゼツは何とかなるのかな?

一方で、我愛羅vs先代・親父との対決か。

力-Chikara-Final

特別エピソードのラスト。
さて、、本当に何だったっけかな?去年のうちにやっておけば・・・

ナルトが制御出来るかどうか?

かと思えば、勝手に死ぬ覚悟を決めてる男女が。
子供たちがいるのに両方死にに行こうだなんて。止めろよ。忍者たちよ。

最終的にはナルトを止めた子供たち。
制御が可能になり、全てを救ったが・・・
何だろう。微妙にスッキリしないな。。展開的には劇場版っぽいのに。

首謀者を逃してるからかな?

力-Chikara-episode5

あーあ。。
止めることも出来ずに子供が来ちゃったよ。

ナルトは縄抜けのヒントをもらっちゃって。
ようは抗わずに力を抜けってことか。

増援含めて、皆で総掛かり。
過去の経験も役立ってるっぽいな。

そして力というもの。ナルトの理解。

仙人モードはもっとフィーチャーされてもいいと思うの。

次回でラスト。年内で終わらせるのが綺麗だったろうに。

力-Chikara-episode4

仲間たちが駆けつけて。
というか、来てたのかよ。

コピーで生まれた九尾チャクラの塊。
力を望み、破壊を望み。
それゆえか九尾にも気に入られてパワーを分け与えられて。

また時系列の分からない演出が入ってきたな・・・

ナルトが今どこにいるのか。
先生兄妹の婚約者まがいなソレは何だったのか。

カカシ先生らが向かう決意もあるだろうが、
そこへ子供たちが・・・絶対駄目な流れだろ。これ。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R