忍者ブログ

むりぃの部屋 in 忍者ブログ その2

アニメ感想レポートです。

大蛸の帽子/葬られた秘密/一文字たぬき

1本目。

釣り鐘のない地域の話か。
少しずつ寄進してもらって。

ようやく作れたが、それを大蛸に取られてしまい~か。
蛸壺的な話かとも思ったが、帽子にして通る船から守りたかったとな。
話の通じる臆病な蛸だったよ。か。

2本目。

今更だが、夏だから怪談話が毎週一つずつ入ってるのか?

早くに亡くなった若奥さん。
どうやら未練があるようで毎晩。。

旦那以外からの恋文が残ってたと。
親が決めた家でなく、本当に恋した相手との。と。

3本目。

別に偏屈でもないと思うがな。。
狸に唆されて、修行を始めちゃ偏屈か。

千日回峰行。途中で断念するなら命を絶てとは・・・厳しすぎるな。

助けられなかった命。
そこに感じ得たものがあるってことかな。
PR

沼に沈んだ妖刀/番町皿屋敷/善助とムジナとカッパ

1本目。

北海道の話か。
盗賊たちを退治してくれた刀。しかし村人たちも襲い出してしまい・・・か。

どの神に頼んでも何とすることが出来ず。
唯一、沼の神なら大丈夫だったと。で、何でだぜ?
そこの理由付けは・・・?

2本目。

1ま~い、2ま~い。のアレな。

妬みから罠にはめ、古井戸に捨てられた女の話。
そんなことするから、家も潰れるのさ。と。

3本目。

熊谷の話だと!?

ムジナに餅を取られようと怒りもしない。
いい人だが、それで生活が成り行かないんじゃな。

ムジナとカッパの大戦争て。
武器が変わって、戦争が収まって。やがて沼の名前も変わって?
戦争ってそんなことで収まるのかな。か。

黒部の浦島/野茶坊/おしどり

1本目。

囲碁好きの仲間たちか。

謎の老人も加わるが、たまには家に招けと?
付いて行ったら夢世界ってな。これって。。

浦島太郎だこれー!って玉手箱を捨てるのは酷いな。
しかし、こんな時代で浦島太郎の話なんて伝承されてたのか?

2本目。

野茶坊って名前?
イタズラ者なのか?

火事を疑われて~か。

雰囲気的にも沖縄妖怪の類なのかな。

3本目。

鴛鴦夫婦とは言うが・・・まさにその話?

雉を取ってこいと依頼され。
取れなかったから腹いせに?

夫側を殺した、妻は生きていけないとして一緒に。。

豆のつると天の館/お貞のはなし/もや船

1本目。

完全にジャックと豆の木だ。。
まーたパクリネタか。

2本目。

死の間際に転生後の夫婦を約束した人。
しかし男の方が生き永らえ、順当に結婚・子供ももうけて。

そして全てをポンポンと失って。
その絶望から旅なんぞして。。

その旅先での再会だと?まさか男の方は転生なしでとは。

3本目。

女人禁制の山。
思いつめた女が立ち入ろうとするが、、と。

修行に入った息子に会いたいがため?
しかし願いは叶えられず。
それが亡霊になっていたと?

まわり地蔵/横向き地蔵/茶碗の中

1本目。

地方の貧乏村に地蔵を。と?

木彫りの地蔵を。
お坊さんが持って回るのか。

荒れる川を沈めるため?完全に無駄死なわけだが。
そのお坊さんの意思は継がれているが・・・今もなのかな?

2本目。

何だ今週は。地蔵特集なのか?

泥棒の所業を見なかったことにする地蔵てよ。
絶対に後から後悔する流れだが。

所帯を持とうとした相手こそがってな。
後悔したって遅い遅い。。

3本目。

地蔵じゃないじゃん!?

茶碗の中に映るのが自分でない。
呪いかな。呪いだった・・・

まあだまだわからん/雷と桑の木/耳なし芳一

1本目。

植物を育てるのは大変なんだよってこと?
そして、シーズンを待つのに興味がよく持つな。

作るのも手間がかかるし、結局食べるまでは分からんと。

物事は最後の最後まで分からん。か。

2本目。

立派なナスの苗に金を払いすぎて?
しかして本当に立派に育った・・・これナスか?

天上界にまで通じた木。
そして雷様に迎えられ、雨降らしを手伝って。
落ちていった男を救ったのが桑の木だったと。。話がやっと通じたな。

そりゃ背が低い木だから雷も落ちないだろうよ。

3本目。

目の見えない芳一さんが平家の亡者に騙されて。か。

目の見えない芳一さんが耳まで取られたよ。。と。
さすがにグロい感じになるか。

猫の芝居/半兵衛大明神/ヒョウタン観音

1本目。

この猫は猫舌じゃないのか?

猫集会。そして猫の舞台。
人間がやる舞台をどこで知ったか知らんが。
それなり身を切ってネタにしてる感じかな。

で、別れるって意味が分からぬが。

2本目。

大坂に出てバリバリ働いて。
3年で100両も稼いだが・・・余命3ヶ月と言われ?

そりゃ自暴自棄になって金くらい投げ込むわな。
しかしそのおかげで命も拾ったと?縁って大事ってことかな。

3本目。

銀の糞をする馬。偽装だが。
兄弟でこんな騙し合いするのか。

これ騙されやすい兄の方が悪く見えてきたわ・・・

しかし本当に助かったか。
そして面白い生活が手に入ったと?
どうした?騙して手に入れた生活はダメだったとでも?

あわてものの話/雲辺寺の猫/山おり長者

1本目。

急ぎすぎってレベルじゃ。。
奥さんじゃなく、妹なのか。

慌てすぎて、全てで損しとるし。最低だな。

枕が役立った!よかったね!

2本目。

雲辺寺ってのがあるのか。

化物が出る寺?
そこに寝泊まりし、描いた猫が助けてくれて~か。

そしてやがて住職になって。
猫又になっても最後の奉公ってか。凄い猫さんやで。

3本目。

ん・・・折り紙の話かな?

大岩ってレベルじゃねぇぞ。。こんなの持ち上がらんぜ。

力だけでなく、心持ちのいい人がいい・・・
だから選ぶってことか。イケメン選んだってことかな。(違

さだめを背負った二人の若者/おさん狐と与三郎狸/地底の国

1本目。

何この無駄にカッコいいサブタイ。
何も出来ずに家を追い出され・・・何それ辛すぎる。

川を見ていたら輝きだしたから運命感じちゃう?
実際に怪物退治もしちゃってるが、もう途中から夢だったとでも。。

2本目。

狐と狸の勝負。

最後は体力勝負かな。
これはこれでウケちゃったってことなのか?まぁ実際に楽しめたならな。

3本目。

何やこの絵。
しかも悪魔のデザインも何だこれ。

神様が降臨して終わり・・・何だこれ。
宗教の宣伝か何かかね。

馬よりも速い男/怪力鬼太夫/かっぱとひょうたん

1本目。

はや太郎?随分と速そうな名前だな。
そして瀕死のくせに味にうるさい母ちゃんだな。。

我が子に足の速さを残したってこと?
馬よりも速いわけでなく、馬より体力あっただけじゃ。それも凄いけど。

2本目。

出雲の股間じゃ?

信心深さが助けてくれたってことかもだが。。
相撲で故意な頭突きっていいんだっけ。松太郎もやってたけどさ。

3本目。

田んぼの水を・・・
どうして高い方の田んぼに水が引けるのさ。術か。

ひょうたんが浮袋。分からないかー。

無事に嫁も貰えてんじゃん。ちっ!

味噌豆は三里戻っても食え/厚狭の寝太郎/かけ椀太郎

1本目。

何の格言だろう。。

17も18もそう変わらんだろ。
そんなことで喧嘩し、それで引き返し?

味噌豆関係ないじゃん・・・ただの惚気話か。

2本目。

厚狭って地域か。
寝太郎ってどこにでもいるんだな・・・

寝太郎な息子が起きたら船を作れと、草鞋を詰めと、水夫を寄越せと。何だこれ・・・

佐渡の金山から金を持ち出す算段か。なるほどな。
でも、船を作るほうが大金必要だったんじゃ。。金が少なすぎる。

3本目。

また絵がサザエさん・・・

遊び尽くしていた太郎さん。家を追い出されて。。
山の婆様に拾われて?介護かな?

食費は保証してくれた。働ける身体も作ってくれた。
それを元手に我武者羅に働いて建て直した~と。

つのなしさざえ/柳の葉の魚/村に来た大僧正さま

1本目。

立派なお坊さんがボロを着ていた理由か。
いい人すぎたんやな。。

何だか絵柄がギャグ日に見える・・・

サザエ・・・痛い痛い!!
これが念仏で取れたってか。この地域特有の・・・こじつけかな。

2本目。

アイヌの話か。
許可くらいは普通に取れよ。。

慌てん坊のフクロウ・・・しかも元凶までお前かよ。

3本目。

大僧正が来るが犬嫌い?
犬嫌いって・・・しかもこの顔よ。

やっぱりタヌキか。分かってた。

聴き耳頭巾/爺さんおるかい/人参と牛蒡と大根

1本目。

やったこと無かったか。この話。
キツネを助けて、お礼で貰った頭巾。言葉が理解出来るようになり。。
森の動物たちに優しいから、得られた能力かもしれんな。

長者の娘さんを助けて、嫁さんに。うん、ド定番。

2本目。

ずっと一緒に居続ける約束。
だから死んだ後も家に置いておいたが。。

婆さんストーカーみたいやん。。10年経過して追いかける夫婦愛か。

3本目。

根菜ばかりか。あれ、色が・・・
野菜が憧れる天界な。あ、何となく話が読めた。

洗うのが浅かった牛蒡と、適度に洗って白くなった大根。
人参は最初から赤くなかったか・・・?
そこは磨きすぎ&ノボセたからって理由でさ。。

鯉になった和尚さん/お釜の歌/茶つぼ

1本目。

琵琶湖のお話って。琵琶湖って名前が地域みたいな言い方だな。
よっぽど鯉が好きなんだろうけど。絵も譲らず。

鯉に魂を憑依させ、食べられる寸前でってな。
別に悪いことをしてるわけじゃないんだがな・・・

2本目。

急に釜歌い出し?「お釜」と言うなよ。。
あからさまにオカマと重ねてるだろ?

掘ってみなけりゃ分からない。は、確かにそうだが。

3本目。

旅人を泊めてはならない決まり。
決まりじゃしょうがないわな・・・

だから荒れ寺を紹介し、そこで一晩か。
イェイイェイって何なんだ。。

一本前とは違って、凄く大金が出てきたもんだ。。

何か少し前に川に沈んでた大金の話とソックリだな。

転失気/鼻たれ小僧/マヨイガ

1本目。

転失気?あぁ、この流れだとお小水か放屁のことかな。

誰も知らんのに全員が見栄を張る。。何だこれ。
やっぱりそうか。

「ようお習いになった」がウマいな。
「屁にも思っておりません」もまた。

2本目。

もうサブタイがただの悪口かと。

海へ花を贈るのも、別の話だった気がするが。。
みすぼらしい姿の子供を授かるのも何か別の。

しかし「とても~~出来ねぇ」の言い回しはここだって感じはするか。

3本目。

山中で迷って、見つけた屋敷。
そこで「物」たちが持ってけ持ってけって。。

持って行っていいと言われても気が引けるのが日本人よなぁ。

しかし幸せになれるってんなら。強欲でなければ。。

鼻とりの地蔵さん/たのきゅう/鯨橋

1本目。

限界が来ていたお爺さんと馬。
そこに助けが入って?どこから来た子供でしょうな~

汚れが地蔵さんと共通し。こうバレるパターンってことかな。
鼻とりって関係なかったな。

2本目。

あれ、再放送かな?
聞き覚えのあるサブタイだが。

芸は身を助け、そして嘘を巧みに利用して。
まんじゅう怖いと似てるわな。

3本目。

決まりを守らないと、こうなるっていう。
あれ・・・でも、何となく見た覚えが。

説得するよう頼みまわっただけで真犯人が分かり、そこから説得の道が出来たが・・・
そういう話だったっけ?って流れなんだが。

バッタリ沢のキツネ/祝いの相撲/だんまりくらべ

1本目。

狐に騙され続けてる男。アホかね。。
2回目からは分かれよ。

子供なら見抜いてやったと?最後までアホだったな。

2本目。

恵比寿信仰?
いちいち凄く喜ぶ奴らだな。。

貧乏神が出て行って七福神が。逆に騒がしいよ。。

3本目。

仲の良い老夫婦だけども。
餅を食べる姿が見ていて怖いんだが・・・

2本目の夫婦は仲良く二つに分けて食べたというのに。

泥棒が来て声を出すってか。最初から分けておけよ。。

灰かぶり灰太郎/天狗の酒/笛吹き兼吉

1本目。

灰かぶり?シンデレラ?

身分を隠して、日々の奉公。
真実の顔を見てしまったら・・・か。
まさにシンデレラストーリー。というか、まんまじゃ。

2本目。

神隠しかな?
酒を呑んで3年も不在になってしまって・・・

正直になること、しかし天狗との約束は。か。
今度こそ本当に神隠しされちゃったよ。。

3本目。

獣たちにも通じる笛吹き。
それを怪物退治にも転用しようと。

がま口?がま淵か。
祠の修復を依頼するためって、派手なことを。。

カチカチ山/足長手長/山伏石

1本目。

やってないはずないが。
ここで見たことない感じも。

いや、先週見たな。親切で逃したら大変な目に。って。
婆さん汁を食わされなかっただけ良かったじゃない。

2本目。

差別扱いイクナイ!
って思ったけど、本当に化物だったでござる。。

後から有名になるお坊さんな。

3本目。

妖怪退治の山伏さんってか。

石になってまで抑えつけている?
それっぽい石があったから生まれたお話かな。

まんじゅうこわい/雨だれの化物/大工と鬼六

1本目。

やってなかったっけ?
というか、落語じゃんよ。他にもあったけど。

そもそも化物相手の話じゃなかったか・・・?

2本目。

母ちゃんでなく奥さんなのか。
さすがに呆れるだろ・・・

化物とは全てが雨だれ?凄い極論・・・

勇気のある者を求めての銭瓶化物?
勇気を子供に求めるお話って感じだな。

3本目。

何度かけても落とされる橋。
腕のいい大工を呼んだが、鬼が目を代償に?
あぁ、見たことある感じが。。

ハナから信じて「鬼六」って言えば良かったのに。チャンスが1回だったらどうするのさ。

さるかに/欲ばり喜八/蜘蛛の綾織

1本目。

また再放送染みた・・・

その時生まれた子ガニが全てを理解してるという。
そして仲間も同調してくれるという。。

牛の糞どんはさすがに凄いや。

2本目。

お供えすれば倍になるお賽銭。
さて、落ちとは・・・

狐に化かされたってことかな。葉っぱだったから狸か?

3本目。

どう見ても鶴の恩返しです。。
羽根じゃなく、糸なわけだが・・・

桃太郎/金太郎/浦島太郎

1本目。

ネタ的には確実に再放送だろうけど、絵が変わった感じも・・・?
ストーリーとしては何も言うところないわな。

2本目。

嘘だろ・・・何だこれ。今回で終わりじゃないよな?

3本目。

やっぱり、そうなるわな。
消えて終わるのは変えられない終わりだろうけど、他と比較するとどうにもな。

馬とカアランベ/白狐の恩返し/さらさらやさら

1本目。

カアランベ、河童か。

何とか捕らえられたけど。
水を与えるとか何を甘い考えで・・・そりゃ逃げられるわな。

2本目。

猟師に追われた白狐。
お金を出して助けたものの。。

金を出したせいで、強盗に入られそうってか。

色香に騙される侍さんっ!何て頼りにならない・・・
侍自身が斬って出るんじゃねぇのかよ!!

3本目。

炭焼き小屋とは大変な・・・

侍さんどころか、お殿様だったと。
ん・・・シンデレラか?これ。灰ならぬ炭だけど。かなり、そのまんま。。

泥棒の損/馬と犬と猫と鶏の旅/話十両

1本目。

盗みに入った家で、子供が病気で?
それを身を挺して助けて。。

これで奉行所に突出されたらオチもついたのにな。

2本目。

何だろう・・・この組み合わせ。
何かで見たこと有る感じなんだが・・・

完全にブレーメンの音楽隊だ。。日本の昔話だったっけ・・・

3本目。

せっかく働きまくって手に入れた金をそんなことに。。
というか、占いか?これ?

それぞれが十両で十分だった?そうかね。。

山姥と旅芸人/せんとくの金/おこぜの恋

1本目。

山姥ネタは久々な気が。

まさに芸は人を助く。
そのものだなと思ったら、オチまでその通りだった。

2本目。

ん?せんとくん?

どう巡っても、絶対に帰ってくる金か。
まさに神仏の導きだな。お坊さんが一つも徳してねぇ。。

3本目。

おこぜの決意。
母にも怖がられる顔ってな・・・

おこぜが腸までウマいのは、そういう。。何やこのオチ。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[11/17 スーパーコピー時計]

プロフィール

HN:
むりぃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R